有料老人ホームの種類と特徴

バナー

有料老人ホームの種類と特徴

高齢化が進む中で、有料老人ホームの需要も高まっています。有料老人ホームは60歳あるいは65歳の高齢者を対象に、生活のサービス料老人ホームには大きく「介護付」、「住宅型」、「健康型」の3つに分けられます。


介護付は介護を必要とする人を受け入れる「介護専用型」と介護認定を受けていない人でも入ることのできる「混合型」があります。

食事や清掃、介護サービスなど施設のスタッフが24時間体制で支援してくれます。



有料老人ホームの中では最も多くその分選択肢も多くあります。住宅型は自立した健康な人もしくは要支援1・2、要介護1・2の比較的介護度が低い高齢者を対象とする施設です。

Yahoo!ニュースについて詳しく説明しています。

施設自体では介護サービスは提供されず、外部の事業者に個人で契約を結び訪問介護などを利用することが可能です。



健康型は介護を必要としない高齢者を対象としています。
食事などの提供は行いますが、基本的に掃除や洗濯など家事はほとんど自分で行います。

そのため介護が必要となった場合には退去しなくてはいけません。
どの種類の有料老人ホームを選択するかは、利用者がどのような不安を持っていて、どのようなサービスを受けたいのか、どのような環境の中で暮らしたいと思うのかなどによって違ってきます。

また費用についても介護付になると費用は一定でも高額になるところも多く、予算も含めてそれぞれの特徴を知り利用者や家族のニーズにできるだけ合った施設を選択していく必要があります。